中國電設工業株式会社[公式ホームページ]|山口県宇部市

 

ドローン実務活用動画集

   
ドローンを各種電設業務で実際に使用した動画集です。
今までの人力による作業に比べて非常に効率よく安全に且つ迅速に作業が実施できています。
 

パイロットロープ延線動画集

パイロットロープ延線動画集
 
電設業務の中でもドローンを使用することによるメリットが非常に高いパイロットロープ延線をドローンにて実施しました。それら作業の各パターンを集めた動画集です。
   
中距離径間(300メートル超)延線編
鉄塔送電架線の初期作業であるパイロットロープ延線をドローンにて実施しました。その模様を機体内蔵カメラにより録画した作業模様です。340メートル径間、50メートル以上の高さまで一挙に引張っています。本作業では送電線を吊金工法で架線する為パイロットロープを2条引きしています。その内の2本目の作業動画です。
 
一般道、電柱/電線回避編
その1で紹介した隣の径間のパイロットロープ延線作業動画になります。短径間ですが一般道や高圧配電線(電柱)越えのためパイロットロープがそれらに垂れ込まないよう高所作業車にて作業員がロープを保持している所にも注目です。また吊金工法の概略が分かる部分も一部ですが収録しています。
 
特別高圧送電線回避編
既設の特別高圧送電線の上空を架線する必要があるためドローンを使用しこれを回避しました。高所延線、雑木林越えもある径間ですが人力では困難な延線作業もドローンを使用することにより安全で確実に実施する事ができました。また、本動画ではパイロットロープを2条引きするため2本延線している模様を一部始終収録しています。人力と比較して如何に短時間で終了しているかこちらも注目です。
 
主要道路横断編
道路を横断する延線の模様です。なにも長距離延線や過酷な環境での延線ばかりにドローンを使用するわけでは有りません。10メートルにも満たない超短距離でも地上延線が困難な場所はある訳でこの様な場所でもドローンを積極的に活用しています。(但し航空法のみに限らず各種法令は遵守した上で行います)
 
索道編(音声入り)
今回は送電線ではなく索道と呼ばれる作業用線路のファーストロープ延線です。しかも今までの作業動画は無音で2倍速再生でしたが今回は趣向を変えて作業時の音声を入れて標準速度で再生してあります。オペレータとリールマン(兼目視監視員)、対向側のキャッチャーとの緊迫したやり取りもリアルに確認できます。(オペレータの鼻息が少し荒くて聞き苦しいですがそれだけFPVで延線作業というのは緊張すると言う証拠です)更に作業時間のタイムカウンターも入れ込みましたので人力による延線作業と比較していかに短時間で行っているかコチラも要注目です。
[おことわり]4分05秒辺りで元動画が破損している為真っ黒になりますが約20秒後には復活します。お見苦しいですがご了承お願います。
 

鉄塔設備、送電線点検業務

鉄塔設備、送電線点検業務
 
今まで人力に頼っていた鉄塔設備や送電線等、高所の点検業務をドローンの得意分野である安定した飛行と鮮明な画像を利用して運用したデモ動画です。
   
設備点検 鉄塔送電線高所編
ドローンを使用した最大のメリットでもある作業の一つがコレ。実際にベテランが現場に出向き高所に上って確認するまでも無く遠隔でココまで確認出来ますと言うデモ動画です。がいしの外見からボルトナットの状況果ては部材の刻印、塗装のはがれや錆び具合まで鮮明に確認できます。また動画後半では応用事例としてSNSを使用して現場の状況をリアルタイムに配信する方法を記載しています。これにより災害発生時での現場状況の確認を最低限度の人員で更に遠方へ(地球の裏側でも!)最速に状況を提供する事が可能となります。
 
設備点検 電柱配電線編
我々の身近にある電柱は鉄塔と比較して高さはありませんが如何せん本数が比較にならないくらい多数あります。その都度高所作業車を配置して点検となるとやはり人的及び時間的コストがかかってしまいます。この時点でもドローンを利用するメリットが出てきます。また今動画ではSNS(Facebook)を利用したリアルタイムストリーミングにより遠隔地からの操作指示でオペレータはドローンを操縦しています。そのやり取りも音声付でUPしていますので是非御覧ください。更に今動画は60fps及び4kで録画していますので滑らかな動きも一緒にご堪能ください。
<<中國電設工業 株式会社>> 〒755-0066 山口県宇部市小松原町1丁目6番17号 TEL:0836-33-1133 FAX:0836-33-1139